最強の虎軍団

≪わたしのひとりごと≫
マイホーム建築の過程、阪神タイガース&
スキージャンプの話題等を中心に、ひとり
ごとを綴っています。




<< 100均で十分です(^_-)-☆ | main | 関本…必死のパッチ・・・えぇー仕事! >>


調子の波と一致した7回目のオリンピック! その35★
ソチオリンピックの状況ですグッド
≪スキージャンプ≫ 2014年2月
≪公式練習≫
2014年 2月13日 LH公式練習2回目
★葛西選手は参加しませんでした!
 腰の具合が心配ですスペード
★大貴  → 124.5M 127M
  追い風のなか、いいジャンプを飛んでいます嬉しい
 択   → 119.5M 122.5M 130M
  LHで、チーム最初の「130M」超えです・・・OK
 雄太  → 128.5M 120.5M 127.5M
  若干、ムラがあるようです。また、追い風で飛距離がでません? 
 レルヒ → 127M 127.5M 125.5M
  常に安定した飛距離を飛んでいますグッド
 NORI→ 131.5M 134M  楽しい楽しい楽しい
  腰は問題なさそうです また、2本ともホント安定した内容のジ
ャンプをしています・・・期待が膨らみますグッド
  ジャンプ台との相性もよさそうで、楽しみです。
  (私個人的には、ソチの台は、ジャンプ週間が行われるビジョフ
スフォーフェンの台に似ていると思っています)
※〔1回目上位の選手〕 → 飛距離
   1位 ストッホ選手(ポーランド)
   2位 葛西選手
      アマン選手(スイス)
   3位 ストッホ選手(ポーランド)
※〔2回目上位の選手〕 → 飛距離
   1位 フロイント選手(ドイツ)
   2位 葛西選手
   3位 シュリー選手(オーストリア)
※〔3回目上位の選手〕 → 飛距離
   1位 プレブツ選手(スロベニア)
   2位 フロイント選手(ドイツ)
   3位 シュリー選手(オーストリア)
      ストッホ選手(ポーランド)
※モルギー選手、バーダル選手は、やはり2回目の練習でも上位に食い
込んできませんでした。また、若手のクラウス選手、ヴェリンガー選手
ディートハルト選手なども調子がでないようですが、不気味な存在であ
るのは、間違いないでしょう!

・・・・・次回へつづく
書いた人 せんたろう | Jumping(Team Tsuchiya) | comments(0) | - |

















SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>