最強の虎軍団

≪わたしのひとりごと≫
マイホーム建築の過程、阪神タイガース&
スキージャンプの話題等を中心に、ひとり
ごとを綴っています。




<< 調子の波と一致した7回目のオリンピック! その41★ | main | プール行ってきたぁ〜(^・^) >>


調子の波と一致した7回目のオリンピック! その42★
≪男子ラージヒル≫ 団体戦
2014年 2月17日 ⇒⇒⇒ ソチオリンピック最後の試合ですOK
 各選手、最高のジャンプをしてほしい!
 まずは、トライアルです。
 風は・・・変化しているようです汗
      ★レルヒ → 130M 
       択   → 112.5M
       大貴  → 131.5M
       NORI→ 134.5M
※得点の上位は以下です。(飛距離点+ウインドファクター)
 トップは、ストッホ選手
 2位は、プレブツ選手
 3位は、葛西選手
 ラージヒル個人戦のメダリストがそろい踏みです拍手

 1回目の競技が始まりました。
 風は・・・1番スタートから17番スタートまでは、向かい風
 18番スタートから34番スタートまでは、追い風
 35番・36番は、向かい風・・・37番は、追い風
 38番・39番・40番は、向かい風
 41番・42番は、追い風・・・43番44番は、向かい風
 45番から48番までは、追い風でのジャンプ
となりましたダイヤ

★レルヒ → 132.5M ⇒『向かい風』
  グループ 2位 総合  2位 
 択   → 127M  ⇒『追い風』
  グループ 5位 総合  4位 
 大貴  → 130.5M ⇒『追い風』
  グループ 2位 総合  3位 
 NORI→ 134M  ⇒『向かい風』
  グループ 3位 総合  3位
 ※レルヒ選手は、トップバッターの役目を十分果たしました。
 ※追い風の中、択選手・大貴選手が粘ってくれました。 
 ※NORIさんは、相変わらず好調で・・・≪Vサイン≫が格好よかった!楽しい

 【1回目結果】
  1位 ドイツ 7位 チェコ
  2位 オーストリア   8位 フィンランド
  3位 日本       9位 ロシア
  4位 ポーランド    10位 アメリカ
  5位 スロベニア    11位 韓国
  6位 ノルウェー    12位 カナダ

※8位までが、2回目進出ですOK
 ニッポンチームは、1位ドイツと11.5ポイント・2位オーストリアと9ポイント差・4位ポーランドと18.3ポイント差の【3位】につけました。 4位ポーランドから8位フィンランドまでの差は、27.7ポイントです。
 団体戦を考えると、かなりの僅差の試合です。
 2回目は、ストッホ選手のポーランド・プレブツ選手のスロベニアの追い上げもあるでしょうが、メダル圏内にいます。択選手と大貴選手が2回目に爆発力を見せてくれると・・・金メダルも夢ではないようです楽しい
★ノルウェーは、バーダル選手・ファンネメル選手が健闘しましたが、貯金が足りなかったかな!?

わくわくしてきましたラブラブラブ

・・・・・次回へつづくグッド
書いた人 せんたろう | Jumping(Team Tsuchiya) | comments(0) | - |

















SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>