最強の虎軍団

≪わたしのひとりごと≫
マイホーム建築の過程、阪神タイガース&
スキージャンプの話題等を中心に、ひとり
ごとを綴っています。




<< スキージャンプ シュリー | main | スキージャンプ フライング世界選手権2016 第1日 >>


スキージャンプ 日本チームに思うこと
W杯に参戦していたトップチームも参加して、札幌で3連戦!
1月 9日 雪印メグミルク杯 優勝 葛西選手
 女子は、高梨選手
1月10日 TVh杯 優勝 葛西選手
 女子は、岩渕選手
1月11日 HBC杯 優勝 伊東選手
 女子は、高梨選手
参加の選手、生で観戦された方・・・お疲れさまでしたOK

女子は、週末にW杯札幌大会・来週末はW杯蔵王大会が開催されます。
W杯参戦中の4人の他に開催国枠で、8人の選手が出場します。
大きく飛躍して欲しいですグッド
高梨選手は、盤石に仕上げているようです。
岩渕選手・勢藤選手も上り調子の感じです。更に上昇していって欲しいです。
伊藤有希選手が、若干調子が落ちているようですが、監督の葛西選手からアドバイスがあったでしょうから、開幕までには修正してくると思っています。
渡瀬選手、茂野選手の両ベテラン
松橋選手・竹田選手・大井選手・渡邉選手・岩佐選手・丸山選手らら、中堅や若手の躍進が楽しみですOK

そして、男子ですダイヤ
葛西選手の活躍ぶりは、素晴らしいです拍手
敬意の意味で、国内や欧州で〔レジェンド〕と呼ばれるジャンプ界のスターと思っています。

なが~くなりそうなので・・・興味のない方は、読み飛ばしてください。

では、本題です。
前から、そ〜なんだけど・・・
「日本チームには、若手選手がいない」
「葛西選手以外の選手が育たない」
「ベテラン依存で、先が不安」等々・・・言われていますが!?
本当にそうなんだろうか?
テレビや新聞の報道では、葛西選手の結果のみでなく、日本選手の詳細な結果や優勝者はじめトップ3の選手をしっかりと出してほしいです。
放送時間や紙面の問題もあると思うが・・・。

W杯の出場枠は、以下の条件で決定されています。
 W杯やサマーGPの期間を7ピリオドに区切って、各ピリオド
  での獲得ポイントを合計し、ワールドランキングが決定さ
  れています
  ※現在、一番古い期間のW杯ポイント加算は、2014-2015
   シーズンの、ジャンプ週間のポイントです
   ★2015-2016シーズンの第1ピリオド終了時点★
 ⊂綉のワールドランキングの上位55位までの選手の人数に
  より、各国に最大7人の出場枠が与えられます
   7人 → ドイツ・ノルウェー・スロベニア
   5人 → オーストリア・ポーランド
   4人 → チェコ・スイス・ロシア
   でぇ〜ニッポンチームは・・・6人の出場枠を得ていますOK
これは、オーストリアやポーランドよりも多いのです。
葛西選手以外の選手の頑張りの成果ではないでしょうか?

〔各選手の状況〕
伊東選手・竹内選手 ソチオリンピックの団体の銅メダルリスト
 もう中堅の年齢になりましたが、しっかり戦っていますグッド
 今季も、W杯ポイントを獲得して、頑張ってます。
作山選手 2015年サマーGPの総合チャンピオンですOK
 フル参戦し、プレヴツ兄やフロイント選手と戦いました。
 序盤は苦しみましたが、徐々にポイント獲得が増えています。
小林選手 今季もトップチームとしてW杯参戦中
 まだ、ポイント獲得できていませんが、2014-2015シーズン
 からW杯に参戦して、確実にレベルアップしてます。
栃本選手 今季からトップチームに復帰し奮闘
 2007年、2009年の世界選手権団体の銅メダルリストです。
 バンクーバーオリンピック代表でもあります。
 その後、調子を落としていましたが、徐々に調子を戻して
 トップチームに帰ってきましたダイヤ

何よりも、結果が大事・・・かもしれないが、経験も必要です。
小林、栃本両選手は、今季はW杯ポイントの獲得はできていませんが、予選は確実に突破し、本戦に進んでいます。
ポイント獲得まで後一歩です。

もう一人の、ソチオリンピック団体銅メダルリストの清水礼留飛選手は調子を落とし、トップチームの下・・・いわゆるBチームに甘んじていますが、トップチームがW杯に参戦しない時などは、若手選手と共にW杯で戦っています。

他にも、中堅の伊藤謙司郎選手・若手の佐藤幸椰(ゆきや)選手・原田侑武(ゆうむ)選手・小林陵侑(りょうゆう選手)・伊藤将充(まさみつ)選手などが、サマーGPやW杯、国内の試合で頑張っています。
伊藤将允選手は、女子選手の伊藤有希選手の弟さんで、今春の高卒後、土屋ホームに入社するそうです。
有希選手と共に、葛西選手のチームで大きく飛躍して行くと思っています。

自分としては、スキージャンプに興味があるので、それなりに調べています。
はっきり言って、日本チームは、いろんな選手が出てきていますので、今後の飛躍が楽しみです。
指導者にしても、横川ヘッドコーチ・宮平コーチのW杯コンビは非常に良い体制と思います。
原田さん、岡部さんも全日本のコーチなので、しっかりと指導者として頑張っています。
これに、斉藤浩哉さんが加わるとイイのですが!?

ながながと・・・グダグダと汗
思いのまま、語ってしまいましたが・・・!?
最後に、1月15日からのフライング世界選手権について疑問をひと言!
せっかく選手を派遣するのに、何故、葛西選手と作山選手の2人だけなんだろう!?
経験のためにも、団体戦には出場して欲しい!
・・・と思うのは、私だけだろうか?

みーんな頑張っているのは、よーくわかっていますが、でも
ガンバレ ニッポンチーム グッド
書いた人 せんたろう | Jumping(Team Tsuchiya) | comments(0) | - |

















SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>