最強の虎軍団

≪わたしのひとりごと≫
マイホーム建築の過程、阪神タイガース&
スキージャンプの話題等を中心に、ひとり
ごとを綴っています。




<< タイガース今が踏ん張り時か? | main | 二男坊と買い物! >>


調子の波と一致した7回目のオリンピック! その8★
2010年・・・バンクーバーオリンピック後・・・
葛西選手ご本人や葛西選手のファンは、確実に手ごたえを感じ取っていたのではないでしょうか!?
 ★葛西選手自身も、過去のオリンピックで納得のいくジャンプは、バンクーバーの2本とおっしゃっていましたOK
  LHの2本目&団体戦の2本目・・・の2本の【大ジャンプ】

2009年頃からは葛西選手の振る舞いに変化が見え出しましたダイヤ悲壮感のあった感じがなくなり、余裕のようなやわらかさが見えてきましたOK
何事に対しても、頑張る姿勢と負けん気は変わりませんが、【年齢】と【経験】を積み重ねてようやくたどり着いたステージのようです拍手
負けん気に・・・火がついた楽しいグッド

2009年 ⇒ 岡部選手のW杯最年長優勝祝(2009年3月優勝時 38歳4ヶ月) ※岡部選手の前は、葛西選手が記録を保持(2004年2月優勝時 31歳7ヶ月)
   ★その際・・・葛西選手は『孝信兄さんの記録を、更新するのは俺!』
          とコメントしていました拍手

2010年〜2013年にかけて、伊東大貴・竹内択の両選手が、W杯で活躍するようになり、女子の高梨沙羅・伊藤有希の両選手もW杯で活躍!その後、W杯や世界選手権では、『混合団体』も開催されるようになりましたグッド

2013年世界選手権の、『混合団体』では・・・金メダルを獲得しました拍手
 ※メンバーは、伊東大貴・竹内択・高梨沙羅・伊藤有希の4選手です。
いろいろな、若い「ニッポンチーム」でW杯を転戦し、海外各国の若い選手と試合を繰り返すことで、『人としての・・・成熟期』を向かえ、客観的な目で周りを見ることが可能になってきました祝祝祝

そして、もうひとつ、《最大の要因》は・・・【技術】の進化なのでは?
改良を進めてきたフォームは、バンクーバーオリンピックで手のひらで「風をつかむ」現在の『モモンガスタイル』の原型が出来上がっていました!
その後、更に【両手を開き】【スキーのテールを開き】【前傾を深く】の三つの要素が加わり、現在のフォームが完成しています拍手
他の選手が、取り組まないのはかなりの技術を要するがゆえなのでしょうダイヤ

・・・・・次回へつづくグッド
書いた人 せんたろう | Jumping(Team Tsuchiya) | comments(0) | - |

















SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>