最強の虎軍団

≪わたしのひとりごと≫
マイホーム建築の過程、阪神タイガース&
スキージャンプの話題等を中心に、ひとり
ごとを綴っています。




<< 衣替え(^○^) | main | 能見に始まり(ToT)/~~~能見で(^_-)-☆ >>


団体競技と団体戦
団体競技は?
複数人で、競技が成立するもの!
例→野球野球、サッカーなどのボールゲーム

団体戦は?
個人で、競技が成立するもの!
その積み重ねをチームとして競うものダイヤ
例→陸上、水泳水泳、体操、スキージャンプスキー

私めは、こ〜んな見分けをしていますOK

いずれにしろ、日本人は団体戦が好きな民族と思うのですが!?
秋になって、『アジア大会』『世界体操選手権大会』などで目にする機会が多々ありました。
各競技によって、その方法もさまざまです。
10月7日に行われた、体操は【団体戦】⇒【個人戦】の順に実施されます。個人総合や種目別など種目が多いからではないでしょうか?
〔ニッポンチーム〕は、惜しくも中国に《0.1点》およばず<銀メダル>でした。拍手拍手拍手
ちょっと調べてみたら、2011年の東京大会ではやはり<銀メダル>でしたが、金メダルの中国とは《3点》以上の大差でしたが、<銅メダル>のアメリカとは《0.01点》差でした。
体操の場合は《0.001点》の単位で採点されていますグッド
・・・前置きがなが〜くなっちゃいましたが、思わずテレビ中継に夢中になりました。各選手に感謝です!!

ところで、スキージャンプスキーの場合は、【個人戦】⇒【団体戦】の順になっています。
この順が逆だと展開も違ってくるように思いますダイヤ
また、《0.1点》差と言えば2006年トリノオリンピックのラージヒル<金メダル>のモルギーと<銀メダル>コフラーの僅差の試合を思い出しました!
モルギー引退しちゃいましたが、寂しい悲しい
もう一度勇士かみたかったなぁ〜OK
書いた人 せんたろう | Jumping(Team Tsuchiya) | comments(0) | - |

















SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>