最強の虎軍団

≪わたしのひとりごと≫
マイホーム建築の過程、阪神タイガース&
スキージャンプの話題等を中心に、ひとり
ごとを綴っています。




<< 調子の波と一致した7回目のオリンピック! その3★ | main | 調子の波と一致した7回目のオリンピック! その5★ >>


調子の波と一致した7回目のオリンピック! その4★
★1998年・・・長野大会
  NH → ☆7位拍手 LH → 出場なし 団体 → 出場なし
 船木選手、原田選手の個人での「メダル」獲得
 岡部選手、斎藤選手を含めた・・・団体戦での『金メダル』獲得
 日本中が沸きましたが・・・葛西選手は「蚊帳の外」でした汗
  ⇒ NHで7位入賞したため、メディアに登場する事もありましたが・・・7位なので、当然メダルはありません。本来「入賞」もすばらしい成績なのですが、メダルに対する「日本メディア」の反応は異常なように感じますが、メダリストと行動を共にするケースが多かったため、葛西選手の悔しさが膨らんだのではないでしょうか?
 「リレハンメルでの、金から銀への転落」「長野での、団体メンバー漏れ」の悔しさをもって、その後闘って行く事になりますグッド
  ⇒ ちなみに・・・長野大会のスキージャンプ代表は8名でした!
   団体戦出場の4名と葛西選手が・・・試合に出場しました!
   他に、試合に出場しなかった代表選手が3名いますが、出場しなかっただけに、悔しさは葛西選手以上だったかもしれませんが!?

〔オリンピックの開催時期〕〔競技への調子〕〔体調〕〔天候条件などを含む【運】〕
  ⇒⇒⇒ 今回は、直前のケガもあり、出場は個人種目1種目で、入賞となりましたが、歓喜の輪には加われませんでした汗 やはり、いろんな要素を一致させる事の難しさを感じます!

 97-98シーズンは、W杯総合成績は【10位】となり、世界のトップへ帰ってきました祝
 ★オリンピック後の大活躍は、特に印象的でしたOK
  3月にスロベニアのプラニツァの大会では、当時LHの世界最長となる147.5Mを飛んだのは、圧巻でした祝祝祝

 ※1998年3月・・・所属先の『地崎工業』が廃部したため、『マイカル』に移籍しています。あらたな苦難ですスペードスペードスペード各企業の都合なので、選手にとっては気の毒です。どこのチームでも起こりえることですが、経済状況も考慮してのことと感じます汗汗汗

・・・・・次回へつづくグッド
書いた人 せんたろう | Jumping(Team Tsuchiya) | comments(0) | - |

















SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>